前へ
次へ

飼い主として最後にしてやるべきことがペット葬

飼っていた犬や猫が亡くなった場合、保健所に連絡すると引き取りに来てくれます。
費用はおよそ1000円ほどで動物専用の焼却炉で焼かれて骨となり、合同慰霊碑に納骨されるという流れです。
一般のごみと一緒に焼却されることはないにしても、動物の遺骸は保健所としてはごみの範疇に入ってしまいます。
子どものように、あるいは兄弟姉妹のように仲良く過ごした愛犬愛猫が亡くなったとき、家族にとって非常につらい体験となるのは必至ですが、その亡骸がごみとして扱われるかと思うと、とても保健所に連絡することなどできないという人が大半です。
その結果、うちの子はうちの子だけできちんと火葬をしてお骨をあげたいという思いから、ペット葬をおこなう人が増えています。
ペット葬ではきちんと火葬炉で荼毘に付してくれますので、お骨は愛犬、愛猫が寝ていた姿勢であがってきます。
ひとつひとつの骨から歯に至るまで、小さな体の骨は最後の最後までそばにいてくれてありがとうと伝えてきてくれることでしょう。
飼い主が最後にしてやれること、それはペット葬できちんと天国へと送ってやることです。

Page Top